首页 >  > 综合 >  > 正文

欧米メディアの悪意ある報道に一石を投じた章子怡の勝訴

2018年01月19日 05:00   官网:洛阳智超机电设备有限公司   来源:网络转载

  欧米メディアの悪意ある報道に一石を投じた章子怡の勝訴,原来生活中“超人”还是技术控,是摄影发烧友,爱随手记录生活的点滴,把镜头对准每一个值得记录的时刻和对象,比如与亲人、朋友还有自己的狗狗。这次中国之行,亨利也分享了中国夜市的新奇见闻:“花样拉面的师傅,半蹲着剥生蚝的小贩,跳街舞的少年们......在我看来是那么有趣,充满生活气息。我想说,我喜欢中国,喜欢上海,喜欢这个原本神秘但渐渐熟悉的东方民族。”

据新华网报道,2012年被美国一家网站曝“性丑闻”后,章子怡委托律师团队发起跨国诉讼。历时19个月,这起跨国明星诽谤案件终有结论:洛杉矶时间2013年12月14日,被控网站刊登严正道歉声明。

章子怡诉美媒诽谤案获胜,显然不是单纯的娱乐事件,而有着严肃的法律意义,在一定程度上教训了一些不负责任、信口雌黄的美国媒体。

真实性是新闻的生命。如果一家媒体整天靠臆想猜测过日子,靠不靠谱的“匿名来源”报道新闻,甚至不惜造谣诽谤搞所谓的“独家新闻”以积聚人气,最终只会使自己沦为谣言谎言的播种机,丧失的不仅是自身的那点公信力,还很有可能让自己官司缠身。

然而,近年来包括这家网站在内的一些美国媒体偏偏热衷于此。所谓的章子怡“性丑闻”,不过是其中一例。比如在中国的一些重大事件、重大政策上,一些美国媒体习惯按他们的价值取向进行解读;为了达到自己的政治目的,甚至不惜对中国境内发生的一些敏感事件恶意曲解,误导舆论。

对于这些媒体缺乏根据、甚至是非不分的新闻报道,从中国民间到官方都有过一些回应和回击,但不太多从法律层面上对他们进行起诉。章子怡历时19个月终于赢得这场跨国官司,就给我们提了一个醒,今后无论是个人、企业还是地方政府,在遭遇西方媒体不负责的歪曲报道或诽谤时,应学会通过法律手段来讨回公道,维护自身正当权益。

章子怡是个国际大明星,但在“强大”的西方舆论机器面前,她又何尝不是一个柔弱女子。历时19个月才打赢这场跨国官司,我们能想象得出其中的曲折与不易,对她的坚韧与执着,我们应该给予掌声。毕竟,赢得这场跨国诉讼的,非只有章子怡自己。

2012年、米国のあるメディアが、中国を代表する女優章子怡が複数の政府高官と肉体関係を結び、巨額の交際費をもらっていたと報道した。章子怡はこれに対し、同メディアを相手にロサンゼルスの裁判所で名誉棄損罪として訴訟を起こした。それから19カ月経った今月14日、同裁判所は同メディアに対して、謝罪文を公式サイトに掲載するよう命じる判決を下した。新華網が報じた。

 

章子怡が今回勝訴したことは、単なる芸能界のエピソードという問題ではなく、厳粛な法律的意義があり、事実に反することを無責任に報道する米国メディアに対して警告を発する結果となった

「真実」は報道の生命線であるはずだ。もし、あるメディアが憶測や信頼性の低い「匿名」の情報を基にニュースを伝えたり、真実かデマかを確認することもなく「独占スクープ」とうたって話題を集めたりするようなことがあっても、最終的には自分の首を絞める行為であって、信用を失うだけでなく、裁判に気をもまれる結果になってしまうことさえある。

しかし近年、多くの米国のメディアがそのような道を歩んでいる。章子怡の問題はその一例に過ぎない。例えば、中国で起きた大きな問題や重大な政策をめぐって、多くの米国メディアが自分たちの政治目的を果たすため、自分たちの価値観に基づいてそれを解説している。時には、中国国内で起きたデリケートな問題を曲解し、世論を誤導することさえある。

そのような、根拠に欠け、是非を問うこともない米国メディアの報道に、中国の民間や政府は、幾度となく抗議してきたが、法律という側面から実際に訴訟を起こすということはほとんどなかった。そのため、今回章子怡が19カ月かけて裁判で勝利を収めたことを、中国は転機としなければならない。今後、個人、企業、地方政府にかかわらず、欧米メディアの無責任な歪曲報道や誹謗中傷に遭遇した場合、法律という手段を通して、正義を主張し、自分の正当な権益を保護すべきなのだ。

章子怡は国際的な女優であるが、強大な欧米のメディアに勇敢に立ち向かった。19カ月にも及んだ裁判に勝つために、彼女がどれほどの苦労をしたか容易に想像できる。我々は、彼女の断固とした態度に、称賛を送るべきだ。これは、章子怡1人の勝利ではないのだから。(編集KN)

「人民網日本語版」2013年12月19日

  李卓霖毕业于北京电影学院,是当代实力派青年演员。在《狐影》中,他对“雷震”这一角色的诠释自然而精彩,“雷震”在他精雕细琢之下有了十足的感染力,李卓霖也成为人物角色的血肉灵魂。李卓霖在《雪豹》、《风影》、《黑狐》等人气剧集中塑造过多位经典的人物形象,此次独挑大梁担任《狐影》的男一号,在李卓霖的表演中让人看到了他对角色的把控和成长,饰演的角色真实感越来越强烈,李卓霖的演技也征服了越来越多的观众。

  “这些项目已被嵌入我们电视台的运营中了,这就确保每一年都能有足够的少数族裔电视演员、编剧和导演被录用,”CBS娱乐部总裁格伦盖勒在声明中写到,“这些项目中的创意人才已被CBS及文艺界所录用。”

  正是由于原著在青春小说界举足轻重的地位,剧芯文化启动《一粒红尘》电视剧的消息一经发布,便引发各界关注。如何孵化这一超级IP,成为重中之重。影视界的青春作品层出不穷,为何《一粒红尘》IP如此引人注目?这与它独有的“后青春”属性密切相关。不同于之前“校园青春”、“残酷青春”,它将关注点放在年轻一代的拼搏、奋斗,将小情小爱放在社会这个潘多拉的盒子中,为青春平添一股热血正能量。

  关于涉足影视的初衷,南派三叔表示“我在纯文字的世界里住了十多年,人生的意义在于体验。等我到了七十多岁,回想起以前的人生里还有和影视相关的东西,人生大概会变得绚烂一点。“而对于原著搬上大银幕的争议声,三叔则回复,“我出第二本的书的时候有人就在否认第二本了,争议十年一直都在,没有办法。写作和开饭馆一样,每次都百分之十的回头客够了。因为十次之后就会回头客就会有很多了,他们才是核心,有人离开是避免不了的“至于为何采用一票小鲜肉打造《盗墓笔记》这类大型IP,对此,南派三叔淡定回应,拍摄剧情就是从少年时代的吴邪开始,如同《哈利-波特》一样从小拍到大,所以年轻演员是必然选择。

标签:欧米メディアの悪意ある報道に一石を投じた章子怡の勝訴

责任编辑:黄虎